×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外留学 百裂拳

海外への留学

海外への留学は明治時代から正式に始まりました。もちろんその当時は今のように気軽に行けませんでした。当時の留学生は帰国後、それぞれ日本の近代化に足跡を残しました。例えば伊藤博文、夏目漱石、湯川秀樹などです。現在の留学は昔ほど困難さはなくなりました。また留学をビジネスにしている会社もあり、様々な留学の形態に対応しています。ただ、海外の例えば大学に入学しても卒業するのが大変なため、途中で挫折する人もおり、中途半端な気持ちで臨むと失敗するのは国内の例と同じです。


海外へ留学する動機で多いのは、海外生活への憧れではないかと思います。確かに日本に住んでいては経験できない体験を積むことができますし、海外留学経験組の人が言うように、留学できる環境があれば留学を勧める、というのは間違いではないでしょう。また、英語を学びたいからという動機も立派な動機となるでしょう。実際に海外へ出てから、真の意味での留学の目的を見つけることできる場合も多いでしょうし、ともかく海外へ留学するという動機でも環境が変れば目的も変る可能性はあります。


留学の準備といっても一番大事なのは留学費用です。費用がわからなければ留学の計画は絵に描いた餅になってしまいます。そこで留学費用の概算を調べてみました。また留学の場合は現地でのアルバイトは認められていないので、滞在期間の費用は渡航前に準備しておかなければなりません。代表的なアメリカの大学の費用ですと、年間200万円くらいかかるといわれています。もちろんこの費用は幅がありますが、目的の学校の費用以外にも渡航前にも費用がかかることは忘れないようにしましょう。


留学経験をその後の人生で花開かせた人は多いです。例えば世界的に有名なコンサルタントの大前さんなどは留学でコンサルタントの考え方の基礎を築いたともいえるでしょう。特に日本人が陥りがちな非論理思考からの脱却などは大きな成果でしょう。また、留学したことで外から日本を客観的に眺めることができ、ある意味にグローバルな視点を持つことができるのは大事です。最近ではこうした視点は企業でも必要とされ、留学生の存在価値が上がってきていると思います。


留学するには現地の語学ができることは必須

海外への留学は海外の大学へ入学するだけではなく、そのほかの分野にも及んでいます。その一例をあげると、現在スピリチュアルな人生相談で有名は江原さんはロンドンのそれ系の学校、それ以外ではイギリスのロイヤルバレー団やロシアのバレー団への留学など学問というより才能がある人のみが許される留学の道もあります。また海外生活を仕事しながら学ぶワーキングホリデー、語学を学ぶことを目的とした語学留学など留学の範囲の多様化がうかがわれます。


一般的な留学とは違い、政府が学費を援助する留学制度もあります。この場合は留学先の政府が援助する場合と、日本の政府が援助する場合に分かれます。いずれにしても援助される学生はそれなりの才能を認められたわけで、留学生としてはかなりのステータスとなるでしょう。さらにこうした留学生になるべく努力する学生もおり、こうした留学制度はかなりの狭き門となっています。このほかには民間の奨学制度制度もあり、留学を目指すなら、こうした制度も視野に入れてみてはいかがでしょうか。


留学するには現地の語学ができることは必須です。そのためどの学校でも事前に語学試験をしています。また、語学試験に合格しても、授業を受ける前に語学のみのクラスを受けなければ授業についていけない可能性も高いので、語学学習の費用も必要になります。このように留学は海外で勉強するために行くので、語学はやはり日頃から鍛えておく必要があります。こうしたことは日本の語学学校でも相談に乗ってくれるので、早めに相談して計画を練りましょう。


留学経験をその後の人生で花開かせた人は多いです。例えば世界的に有名なコンサルタントの大前さんなどは留学でコンサルタントの考え方の基礎を築いたともいえるでしょう。特に日本人が陥りがちな非論理思考からの脱却などは大きな成果でしょう。また、留学したことで外から日本を客観的に眺めることができ、ある意味にグローバルな視点を持つことができるのは大事です。最近ではこうした視点は企業でも必要とされ、留学生の存在価値が上がってきていると思います。


留学には目的にしたがって様々な種類が

留学には目的にしたがって様々な種類があります。その種類をご紹介すると。語学留学、正規留学、海外企業研修(インターンシップ)、農場や牧場で作業を手伝いながら滞在するファームステイ、ダイビング、フラワーアレンジメント、ガーデニング、料理教室、乗馬等、本場で好きなお稽古ごとを学ぶ趣味の留学、留学先の国の国家資格などを取得する留学、海外でボランティア活動をするボランティア留学、お手軽なホームステイなどです。


海外留学生へのンケーと調査によると、海外への留学への動機で一番多いのが「語学力アップ」です。次が「海外生活体験」で、3位が「留学先の国への関心」となっています。こうしてみると最近の留学の動機の傾向としては、学問を収得するよりも、まずは語学力を向上させることが先決のようです。これはよく言われるように、日本人の語学教育に問題があるからだと考えられます。しかし、そうはいっても現実に語学力アップを目指して留学する人は現実にいるわけですから、それは評価の対象となるのではないでしょうか。


留学するには現地の語学ができることは必須です。そのためどの学校でも事前に語学試験をしています。また、語学試験に合格しても、授業を受ける前に語学のみのクラスを受けなければ授業についていけない可能性も高いので、語学学習の費用も必要になります。このように留学は海外で勉強するために行くので、語学はやはり日頃から鍛えておく必要があります。こうしたことは日本の語学学校でも相談に乗ってくれるので、早めに相談して計画を練りましょう。


留学の年限が終了した後、多くの学生は帰国の道を選びます。しかし、中にはそのまま現地にとどまり、さらに勉学に励んだり、現地企業に就職する人もいます。これは技術を学びに行った人に多い傾向があります。例えば料理人やメーキャプアーチストなどがそうです。こうした職業は日本だけでなく海外でも通用しますので、日本に帰国する必要性も余りないからでしょう。そして海外で経験を積んで、日本に帰国すれば留学経験と実際に働いた経験は、日本でも特殊なキャリアとして評価される可能性は高いでしょう。